編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

国内小売4社、経営管理基盤にクラウド採用--迅速な経営判断を支援

NO BUDGET

2018-07-25 12:50

 日本オラクルは7月19日、国内小売業4社が経営管理基盤に「Oracle Cloud」を採用したと発表した。

 この4社は、鹿児島県を中心に九州でスーパーマーケットを展開するタイヨー、御徒町と上野で総合ディスカウントストアを展開する多慶屋、インテリア・雑貨小売販売事業のFrancfranc、スーパー運営などの多角事業を展開する綿半ホールディングス。

 各社は、短期間で事業に貢献できる経営基盤として「Oracle ERP Cloud」や「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用している。これらを導入することで、事業・部門別の実績、予算、見込データを多次元データベースに一元管理し、リアルタイムに各事業別や、各店舗別、各サービス別などのさまざま軸で分析予測できるとしている。

 日本オラクルでは、こうした機能を活用することで、迅速な経営判断が可能になる、とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]