NTTドコモがSAP HANAを選んだ理由--それぞれがデータを活用する組織へ

末岡洋子 2018年07月30日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 SIMフリーの台頭、5Gの実装、IoTなど新しいビジネスのチャンスーー通信キャリアを取り巻く環境は大きく変化している。国内最大手のNTTドコモは「SAP HANA」とBIの「Tableau」で高速なデータ可視化基盤を構築、これまで専門チームに依頼して2週間待つしかなかったレポートが3秒で得られるようになった。データの分析ではなくデータの活用へと意識改革が進んでいるという。

 NTTドコモがSAP HANAを採用した背景には、同社が掲げる中期事業計画でデジタルマーケティングの強化がある。約7300万人の顧客を有するNTTドコモは、2020年までの中期戦略「beyond宣言」で顧客への価値・感動にフォーカスしているのだ。

 「お客さまの理解を深め、適切なオファーをするーーそのためにはデータを集めて分析し、活用しなければならない」とNTTドコモ 情報システム部で情報戦略担当課長(当時)を務める竹島哲也氏(現:デジタルマーケティング推進部デジタルマーケティング推進担当課長)、「しかし、これまでは情報活用が浸透しておらず、OLAP的な情報系システムはあっても、本当に各部署が必要としているデータはすぐに得られない、あるいは情報系分析に30秒かかるなどの課題があった」と振り返る。

 分析結果が遅いとせっかくのデータも使いたくなくなり、データ抽出してExcelで加工しようとする。だがそうなると深堀りできない。ドコモショップの販売員や法人営業がすぐにデータにアクセスし、自分でデータを活用するという状況を産む必要があった。

 「データはある。データに基づくオペレーションをさまざまな組織でやってもらいたい」(竹島氏)ーーそこで、迅速に分析する基盤として選んだのがSAP HANAだ。顧客データ、契約データなどフロント業務だけでもデータは膨大な量になる。データベースをSAP HANAにすることでいかにレスポンスを短縮できるかという点に期待した。設計目標は、3秒で情報検索の結果が得られること。BIツールは「Tableau」を選んだ。データ活用の裾野を広げるにあたって、ユーザーインターフェイスが良く使いやすいものを検討した結果だという。

 複数製品の候補があったというが、決め手はスケールアウトだ。「スピードという点では他にもインメモリのオプションがある。HANAは、データ量が増えてもノードを増やせばレスポンスを維持できるという点が卓越していると感じた」(竹島氏)こうやって構築したのは、実に18TBのデータベースだ。SAPによると世界最大級であり、単一企業としてはアジア最大という。10台のサーバで構成されるスケールアウト手法をとった。

左からNTTドコモの白川貴久子氏、竹島哲也氏、情報システム部 情報戦略担当 主査(当時)の寒河江政史氏(現:情報システム部 IT基盤戦略担当 主査)
左からNTTドコモの白川貴久子氏、竹島哲也氏、情報システム部 情報戦略担当 主査(当時)の寒河江政史氏(現:情報システム部 IT基盤戦略担当 主査)

 規模だけでなく、実装までのスピードも目を見張るものがある。導入を決定したのが2016年6月、同年10月に設計に入り、試験を経て2017年3月には運用にこぎつけた。実に8ヶ月での完了となる。システム構築を手がけたのは、NTTデータだ。

 この可視化基盤をベースとしたダッシュボードとセルフサービス型BIと2種類のソリューションを構築し、各部署に展開している。設計目標の3秒に対し、現在8割で3秒内を実現しているという。

 1年を経て、特にユーザーの評価が高いというのがセルフBIだ。「これまで自分たちで情報にアクセスできなかったのが、知りたい・見たいデータにすぐにアクセスできる」と竹島氏、ダッシュボードについても、「これまでデータ活用と関係がなかった現場が、これを見れば業務の内容がわかると好評だ」という。スタート当初は30以下だったダッシュボードの数が、1年で100ぐらいに増えているという。

キャプション

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]