編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら
Google Cloud Next 2018

“AIを全員の手に”を掲げるグーグルの狙い--「AutoML」など企業向けサービス強化

末岡洋子

2018-07-31 07:00

 Googleが人工知能(AI)に力を入れている。合言葉は「AIを全員の手に」。米サンフランシスコで開催の「Google Cloud Next 2018」(7月24~26日)では、1月に発表した「Cloud AutoML」への拡張を発表した。また、SQL文を用いて機械学習モデルを構築できる「BigQuery ML」もベータ版が提供開始された。

AIはもはやニッチではない

Google Cloud チーフサイエンティストのFei-Fei Lin氏
Google Cloud チーフサイエンティストのFei-Fei Lin氏

 2017年にGoogle Cloudのチーフサイエンティストに就任したFei-Fei Li氏は、「約20年にわたってAIの進化に関わってきた。AIは今や業界を変革する技術になった」という。「AIは企業、社会、生活を変えるものであり、これを民主化するのがGoogleの役割だ」とLi氏は続けた。

 Googleは機械学習/AIの分野で、機械学習フレームワークの「TensorFlow」、機械学習モデルのトレーニングを可能にする「Cloud Machine Learning(ML) Engine」、画像認識や自然言語などの機械学習モデルを提供する「Machine Learning API」などを有する。加えて、機械学習モデルの実行を高速化するTensorFlow向け専用チップ「Tensor Processing Unit(TPU)」は既に3世代目になる。2017年にはデータサイエンティストコミュニティーの「Kaggle」を買収している。

 企業の利用も進んでいるようだ。Li氏によると、BloombergがMachine Learning APIの翻訳機能を生かして世界中の読者に数秒でニュースを届けているという。また、eBayはビジュアル検索のモデル訓練を100分の1の時間に短縮することに成功したとのこと。「小売、健康、教育、娯楽などの業界で(GoogleのAI技術が)使われている。AIはIT業界だけのニッチな技術ではない。さまざまな企業がAIを使って差別化を図っている」(Li氏)

 この流れを加速するのが、Cloud AutoMLである。コーディング不要で、学習させたいデータを用意するだけで機械学習モデルを構築できる。TensorFlowやCloud MLなどを活用する専門的な技術がなくても気軽に使えるという。第1弾として、画像認識を行う「Cloud AutoML Vision」のアルファ版を1月にリリースした。

 衣服メーカーのUrban Outfittersは、Cloud Vision APIを用いてモバイルアプリに画像検索機能を実装した。社内開発ではうまくいかなかったが、AutoMLに商品カタログのデータを与えて訓練したところ、認識精度と処理性能が改善したという。

 Google Cloud Next 2018では、Cloud Vision APIのベータ版が発表された。また、自然言語処理(Natural Language)と翻訳(Translation)の2種類のAPIが新たに加わった。日経グループや米Hearstなどがコンテンツのタグ付けや組織化、翻訳などに活用しているという。

 AutoMLの登録ユーザーは発表から半年で1万8000に達しており、GoogleのAIサービスを有償で利用する顧客は1万4000を数えるという。

AutoMLのCloud Vision API。葉っぱの画像をアップロードしたところ
AutoMLのCloud Vision API。葉っぱの画像をアップロードしたところ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]