日立、NTTドコモの物流拠点に自動化支援システムを構築

NO BUDGET

2018-08-02 10:11

 日立製作所は7月26日、NTTドコモが運営する物流拠点「東日本マーケティングロジスティクスセンター」において、構内作業の自動化を支援するシステムを構築し、本格稼働を開始したと発表した。

 同システムは、出荷箱数の削減による配送コストの低減やドコモショップでの荷受工数の削減を目的としたもの。運搬や荷役作業を支援するマテリアルハンドリング機器(マテハン機器)および倉庫管理システム(Warehouse Management System/WMS)、設備の自動制御システム(Warehouse Control System/WCS)を連携。入荷、保管、出荷指示、仕分け、検品、出荷といった一連の作業進行を管理する。また、注文に対する在庫の引当て・出荷指示からそれに対応するマテハン機器の制御を一元的に行い、倉庫内作業の省力化だけでなく、配送箱数の削減が可能となる同梱機能などを実装している。

新システムの概要
新システムの概要(出典:日立製作所)

 WMSとマテハン機器の制御を連動させることで、倉庫内作業における入荷から出荷までの工程をシームレスにつなぐことができる。また、受発注システムからのさまざまな注文データに対して、配送先別の引き渡し時間などの制約条件を踏まえた全体の出荷計画を作成し、設備に作業指示を出せるようになった。

 さらに、システム上で携帯端末の本体、付属品、販促品といったさまざまなアイテムの重量やサイズを考慮した配送先別の梱包計算を行った上で、WMSからWCSを介してマテハン機器へ仕分けや搬送といった作業指示を出すことで、配送先の店舗ごとに少ない箱数で異なるアイテムを効率的に同梱することが可能になる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]