編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ライオン、SAPの調達・購買プラットフォームを採用

NO BUDGET

2018-08-03 06:00

 ライオンは、SAPの調達・購買プラットフォームである「SAP Ariba」を採用した。SAPジャパンが発表した。

 ライオンのマーケティング部門では、マーケティング関連の調達・購買業務をデジタル化することにより、業務フローの質やスピードの向上、ガバナンスや価格統制の強化などを実現するIT基盤の導入を検討していた。選定の条件は、マーケティング業務に必要な契約締結、受発注、納品検収、請求支払までの一連業務の統合管理できることだった。

 同社では、「SAP Ariba」について、選定条件を満たしているだけでなく、将来の他部門への拡張にも対応できることを評価した。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]