編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

資産形成のいろは2--長期・分散投資で資産を育てる

ZDNet Japan Staff

2018-08-07 12:41

今日のポイント

  1. リスクを取ってリターンを得る
  2. 資産配分で運用の成果はほとんど決まる
  3. GPIFの運用方針に学ぶ

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

 今週は、「資産形成のいろは1、2、3、4」をお届けしている。

 今回は、第2回「長期・分散投資で資産を育てる」である。

リスクを取ってリターンを得る

 お金を増やす手段は2つしかない。

  1. 年間収支を黒字にすること
  2. 手持ちの「お金」を活用して「お金」を増やすこと

 つまり、やるべきことは「収支管理」と「運用」である。

 年間収支がマイナスの家計を長くは維持できない。まず、収支をプラスにし、少しずつ貯蓄を作り、そのお金を運用で増やすことを考えよう。今回は「運用」の基本的な考え方を解説する。

 預貯金金利がほぼゼロに近くなった今、運用でお金を増やすには何らかのリスクを負わなければならない。元本保証のない運用商品でお金が増えたり減ったりするリスクを適切に管理する必要がある。

 そのための鍵は2つある。長期・分散投資だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]