編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
調査

事業者データセンターの新設は順調に拡大--IDC Japan調査

ZDNet Japan Staff

2018-08-07 11:49

 IDC Japanは8月6日、2018年2月に実施した国内データセンター(DC)管理者調査の結果を発表した。これによると、データセンターやサーバルームの新設予定があると回答した管理者は事業者DCで38%で、企業内DCではわずか9%だった。

 既存のIT資産を事業者DCやクラウド環境へマイグレーションする取組みが加速しており、事業者DC新設の必要性が大きい傾向にある。また、それにも増して、ソーシャルメディアやスマホアプリのようなネットを使った新たなサービスを提供するためのクラウド拠点の需要拡大は、データセンター建設投資を加速させる大きな要因となっている。

 IDC Japanは、国内DC管理者301人にアンケートを実施。主にデータセンターファシリティ(建物、電気設備、空調設備、機械設備など)への投資やその運用課題などについて調査した。回答者は、金融機関や製造業などの一般企業が所有する企業内DCの管理者242人、ITサービス事業者や通信サービス事業者などが所有する事業者DCの管理者59人。

 この調査は2012年から毎年実施されている。2014~2018年(今回調査)の過去5年間の調査結果を見ると、事業者DCの新設予定ありの比率は、上昇と下降を繰り返していることが分かる。2017年時点における新設予定の見通し(43%)から、今回調査時点(2018年時点)の新設予定見通し(38%)へと大きな変化はなかった。

データセンター新設予定ありと回答したDC管理者の比率、2014年~2018年(出典:IDC Japan)
データセンター新設予定ありと回答したDC管理者の比率、2014年~2018年(出典:IDC Japan)
※「新設予定について分からない」という回答を除外

 新設されるデータセンターでは、面積あたりの消費電力(電力密度)が上昇する見込みであることも今回の調査で明らかとなった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]