編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

セールスフォース、COOを共同CEOに昇格--ベニオフ氏と2頭体制へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-08-08 12:57

 Salesforceは、Keith Block氏を共同最高経営責任者(CEO)に指名したことを発表した。この人事により共同のCEOとなったMarc Benioff氏の後任準備に向けた動きとみる向きもある。

 Block氏は2013年に入社し、2016年に最高執行責任者(COO)に就任した。Benioff氏は声明で、Block氏は、同社を経営するにあたって「信頼できるパートナー」だと述べた。

 Block氏は業務の執行能力に、Benioff氏は提示するビジョンに持ち味があり、2人はそれぞれの強みを生かすことができる。

 今後、Benioff氏は技術、文化、マーケティングに関するビジョン作りとイノベーションに、Block氏は、成長、業務の執行、運用にフォーカスしてゆく。

 この役割分担に聞き覚えのある人もいるかもしれない。 OracleはSafra Catz氏とMark Hurd氏を共同CEOに据え、前CEOのLarry Ellison氏が最高技術責任者(CTO)としてビジョンの作成役を担う形をとっている。

 これとは別に、Salesforceは、CTOで共同設立者のParker Harris氏が取締役会に参加すると発表した。

 Benioff氏はTwitterで、Block氏と共同CEOを務めることにより、年間売上高200億ドルを上回るべく、Salesforceを導いてゆけると述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]