編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

拡張子「iqy」のファイルを使う攻撃に注意--Excelを悪用

ZDNet Japan Staff

2018-08-08 15:03

 「.iqy」という拡張子のファイルを使う攻撃が急増しているとしてトレンドマイクロが8月8日、ブログを通じて注意を呼び掛けた。ファイルを開くとMicrosoft Excelが起動するが、その際に表示される警告メッセージで「無効にする」ボタンを選択すれば、被害を防止できるとしている。

 この攻撃は5月に海外で報告されていた。トレンドマイクロの観測では、8月からこの拡張子を持つファイルを添付し、「お世話になります」「ご確認ください」「写真添付」「写真送付の件」などのさまざまな件名が付けられたメールが流通。8月6日には29万件以上を検知したという。

「.iqy」拡張子のファイルを添付した攻撃メールの一例(出典:トレンドマイクロ)
「.iqy」拡張子のファイルを添付した攻撃メールの一例(出典:トレンドマイクロ)

 「.iqy」は、Windowsでウェブサイトからデータを取り込む「Internet Query」の拡張子。ファイルがMicrosoft Excelに関連付けられている。ファイルを開くとExcelが起動して、不正なスクリプトファイルをダウンロードさせる。さらにこのスクリプトを通じて、最終的にインターネットバンキングなどを狙うトロイの木馬型のマルウェア「URSNIF」に感染する。

 対策は、Excel起動時に表示される警告メッセージで「無効にする」を選択すること。「有効にする」を選択すると上記などのマルウェアに感染してしまう。

 Excelを悪用する攻撃は、これまで不正なマクロを使う手口などが知られる。マクロ機能の無効化や「保護ビュー」でファイルを開くことが基本的な対策となるが、情報処理推進機構(IPA)は「.iqy」ファイルを使う攻撃では保護ビューを有効にしていてもマルウェアに感染すると解説。警告メッセージで必ず「無効にする」を選択するようアドバイスしている。

対策では警告メッセージで「無効にする」をクリックする(出典:IPA)
対策では警告メッセージで「無効にする」をクリックする(出典:IPA)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]