インテルのAI向け「Xeon」プロセッサ、2017年の売上高は10億ドル

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-08-09 10:40

 Intelは米国時間8月8日、データセンターで人工知能(AI)関連の処理をする「Intel Xeon」プロセッサの2017年売上高が10億ドルを突破したと発表した。

 この成果は、Intelのエグゼクティブバイスプレジデントであり、データセンターグループのゼネラルマネージャーを務めるNavin Shenoy氏により、同社開催のイベント「Data-Centric Innovation Summit」の場で発表された。またこの場では、同社の製品ロードマップに関するさらなる情報も発表された。さらにShenoy氏によると、Intelは同社のデータセントリック事業における市場機会が2022年には2000億ドルに達すると見込んでいるという。同社は以前に、有効市場(TAM:Total Addressable Market)の規模を1600億ドルと見込んでいるとしていた。

 また、システム統合という点についてIntelは同日、「Cascade Glacier」という開発コード名の新たなSmartNIC製品群によって、同社のコネクティビティ関連のポートフォリオを拡充すると発表した。さらに、同社の不揮発性メモリモジュール「Optane DC」の初回出荷について発表するとともに、壇上にGoogleのプラットフォーム担当バイスプレジデントであるBart Sano氏を招き、最初の製品を手渡しするという演出をした。

 Shenoy氏は、Intel Xeonプラットフォームの次世代に向けたロードマップも提示した。それには以下が含まれている。

  • 「Cascade Lake」は、14ナノメートル製造プロセスに基づく、次世代の「Intel Xeon Scalable」プロセッサであり、Optane DCと、ニューラルネットワーク処理用のベクトル演算命令(VNNI)を装備した新たなAI機能「DL Boost」を搭載する。
  • 「Cooper Lake」は、14ナノメートル製造プロセスに基づく、次世代のXeon Sccalableプロセッサであり、性能の大幅な向上と、新たなI/O機能、AIやディープラーニング(DL)の訓練パフォーマンスを向上させる新たなDL Boost機能(Bfloat16)、Optane DCによる不揮発性メモリイノベーションの強化をともなう、新世代のプラットフォームを採用する。
  • 「Ice Lake」は、10ナノメートル製造プロセスに基づく、次世代のXeon Scalableプロセッサであり、Cooper Lakeとプラットフォームを共有している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]