編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

より速く、スマートに--移動や輸送技術、心躍る10のイノベーションを写真で見る - 8/11

Brandon Vigliarolo (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-08-13 08:00

7. 弾道飛行

 飛行機での長距離移動は、控えめに言ってもひどく骨の折れる仕事だ。長距離フライトでは、時に10~11時間座り続けなければならないこともある。しかし弾道飛行による空中移動であれば、この問題を解決できるかもしれない。9時間のフライトを、映画1本分程度にまで縮められる可能性があるからだ。

 低軌道に到達できるように特別に設計された航空機であれば、移動時間を劇的に短縮できる。しかし、実現に向けて一番問題になるのは価格だろう。移動費用は、片道25万ドルにも達する可能性がある。

 一度実現してしまえば、低軌道弾道フライトの価格もいずれ安くなっていく可能性もあるが、それが実現するまでには長い時間がかかるかもしれない。 

 写真は、宇宙旅行ビジネスのVirgin Galacticが開発中の弾道飛行スペースプレーン「SpaceShipTwo」。

7. 弾道飛行

 飛行機での長距離移動は、控えめに言ってもひどく骨の折れる仕事だ。長距離フライトでは、時に10~11時間座り続けなければならないこともある。しかし弾道飛行による空中移動であれば、この問題を解決できるかもしれない。9時間のフライトを、映画1本分程度にまで縮められる可能性があるからだ。

 低軌道に到達できるように特別に設計された航空機であれば、移動時間を劇的に短縮できる。しかし、実現に向けて一番問題になるのは価格だろう。移動費用は、片道25万ドルにも達する可能性がある

 一度実現してしまえば、低軌道弾道フライトの価格もいずれ安くなっていく可能性もあるが、それが実現するまでには長い時間がかかるかもしれない。

 写真は、宇宙旅行ビジネスのVirgin Galacticが開発中の弾道飛行スペースプレーン「SpaceShipTwo」。

提供:Virgin

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]