太陽グラントソントン、記帳代行サービスでSaaS型ERPを導入

NO BUDGET

2018-08-16 11:33

 太陽グラントソントン・アドバイザーズは、SaaS型で利用できる中堅中小企業(SME)向け統合基幹業務システム(ERP)である「SAP Business ByDesign」を導入した。中国企業の日本法人向け記帳代行サービスのIT基盤として活用する。導入期間は約3カ月間で、2018年5月に稼動を開始している。

 同社は、中国企業の日本法人向けアドバイザリーサービスとして記帳代行サービスを提供している。これまで国産会計パッケージソフトを用いて記帳代行を行ってきたが、2017年夏に次期基盤の検討を始めた。選定条件は、日中両言語、勘定体系、会計基準に対応したクラウドサービスであることだった。

 現在、記帳代行サービスは40社弱の企業が利用している。システム構築はスターコンサルティングが担当。今後は、利用企業の中国親会社に向けて、IT関連や会計関連のアドバイザリサービスを拡大させていく方針だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「ゼロトラスト」はもはや時代遅れ? 安全なアクセスを可能にする「ZTNA 2.0」実現方法を解説

  2. クラウド基盤

    苦節10年、Microsoft がようやくたどり着いた ユーザーのための最新ハイブリッドクラウド

  3. セキュリティ

    最適なゼロトラスト移行アプローチに役立つ、NIST/CISAの「ゼロトラスト成熟度モデル」を解説

  4. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  5. セキュリティ

    2023年版グローバル脅威レポート--サイバー攻撃の手口とレジリエンスを高めるポイントを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]