編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

アリババがクラウドのグローバル市場向け製品拡充--APACで成長狙う

Eileen Yu (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-08-23 06:30

 Alibabaグループは多数のグローバル市場向けクラウド製品を発表し、アジア太平洋地域重視の成長戦略を示した。Alibabaが国際的なクラウド市場に参入したのは比較的最近のことだ。しかし同社は、その「若さ」とアジア地域におけるデータセンターの充実度、そして「Anti-Bot Service」などのグローバル市場向け製品のリリースを武器に、Amazon Web Services(AWS)やGoogleに対抗しようとしている。

 同社はeコマース企業として有名だが、中国国内では2009年にクラウド事業をスタートさせており、10年近くの実績を積んでいる。「Alibaba Cloud」が中国国外の市場にサービスを拡大したのは2015年のことで、同社はその際、シンガポールに国際本部を設置し、またクラウド事業に10億ドルの投資を行うと宣言した。この資金はデータセンターの規模拡大と、パートナーエコシステムの構築、新規クラウドサービスの開発に投入される予定だとされた。

 それから3年が経過した2018年、Alibaba Cloudはシンガポールで現地時間8月15日に、中国国外向けに9つの製品をリリースすることを明らかにしたほか、「ASEAN Partner Alliance Programme」を立ち上げると発表した。後者のプログラムは、今後12カ月間で150社の技術パートナーを獲得し、営業や技術のプロフェッショナルを600人トレーニングすることを目指すものだ。

 Alibaba Cloud InternationalのチーフソリューションアーキテクトDerek Wang氏は、国際クラウド市場への参入の遅れがAWSやGoogleとの競争に与える影響について質問され、Alibabaの「若さ」は特にIT業界においてはむしろプラスの要因だと答えた。

 Wang氏は、シンガポールで開催されたAlibabaのクラウドサミットの場で米ZDNetに対し、同社の国際市場におけるクラウド事業の歴史は浅いが、中国国内では2009年からクラウド事業の運営能力を磨いてきたと語った。

 同氏はまた、AlibabaはGoogleやAWSに比べ、アジア太平洋地域に多くのデータセンターを持っていると述べた。

 同社が持つ10の国際データセンターリージョンのうち、6つがシンガポール、オーストラリア、インドネシア、マレーシアを含むアジア太平洋地域に置かれているほか、中国でも8つのリージョンが運用されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]