APIマーケットは広がるのか--日本発で展開する楽天の狙い

國谷武史 (編集部) 2018年08月22日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 楽天は7月11日、米R Softwareと共同でAPIマーケットプレース「Rakuten RapidAPI」を立ち上げた(関連記事)。APIを通じてさまざまなビジネスをつなぐ「APIエコシステム」の普及が期待され、海外を中心にAPIマーケットプレースが広がる中、日本での展開を目指す同社の狙いを担当者に聞いた。

 Rakuten RapidAPIは、R Softwareが展開する世界最大級というAPIマーケットプレースのノウハウをベースに、楽天が中心となって日本およびアジア(2019年以降)でサービスを提供する。R SoftwareのAPIマーケットプレースは有償・無償の8000種以上のAPIを公開しており、開発者を中心に約50万ユーザーを抱える。楽天は2022年までに、さらに70万の新規ユーザーの獲得を目標に掲げている。

Rakuten RapidAPIのインターフェース
Rakuten RapidAPIのインターフェース

 同事業を担当する楽天コミュニケーションズ API Marketplaceビジネス部長のJed Ng氏は、APIを活用したビジネス市場(APIエコノミー)が拡大する中、APIを提供する側(APIプロバイダー)と利用する側(開発者)の間にさまざまな課題が浮上しており、APIマーケットプレースを通じて解決を目指すとその狙いを説明する。

 「APIの提供拡大で、ユーザー側は求めるAPIを探しにくくなり、利用しているさまざまなAPIの管理やコストの煩雑さも負担になっている。一方の提供側は、大手ではユーザーに(サービスによって異なる)ブランドの認知が難しく、ベンチャーではそもそもユーザーにアプローチできないことや、課金や請求、パフォーマンスの管理にも課題を抱えている」(Ng氏)

 楽天単体でも、例えば、「楽天市場」や「楽天トラベル」といった主要サービスにおけるAPIのリクエストは、2017年6月の月間113億ヒットから2018年6月は同166億ヒットに、この1年で47%増加しているという。同社では2006年から個々に提供するAPIのオープン化を進めてきたが、APIマーケットプレースをこれらも含めて提供する“ゲートウェイ”という位置付けになり、APIエコノミーのプラットフォームとして提供していく考えだという。

 Rakuten RapidAPIで開発者は、ポータルから自身が必要としているAPIを検索で探したり、選択したAPIについて開発言語に応じたテストやSDKのダウンロードなどをしたりできる。有償提供のAPIについては、日本円の概算費用も分かり、ダッシュボートで利用中のAPIのコール数やエラー数、遅延といった状況や利用料金などを一括して管理できるようになっている。APIプロバイダーは、提供したいAPIを容易にマーケットプレースへ登録でき、ユーザー数やコール数、月次の売り上げといった状況をダッシュボートから管理できるようになっている。

 Ng氏によれば、Rakuten RapidAPIは最初の1カ月間で約8000のユニークユーザーが利用し、2万7000ページビューを獲得、「まずは順調なスタートを切ることができた」と語る。国内外にさまざまなAPIマーケットプレースが登場する中で、今後は「開発者の多様なニーズに応えられるラインアップの幅の広さを訴求していく」と話す。

 APIの利用自体は、国内でもウェブサービス開発などのシーンで身近になった。しかし、「APIエコノミー」と称される、より広範なビジネスでの利用は、海外に比べて遅れているとの指摘が聞かれる。この点についてNg氏も「日本の市場には特殊性があるだろう」と指摘し、開発者コミュニティーの活性化や分かりやすいビジネス事例が必要との見方を示す。同社では今後、これらの取り組みを推進するほか、Rakuten RapidAPI自体もユーザーインターフェースの改良など使いやすさの向上を重点施策に挙げている。

 なお、APIの利用をめぐってはユーザーの間でAPI提供者の方針変更などがリスクになると捉えられるようになり始めた。例えば最近では、TwitterがUser Streams APIなどの段階的な廃止を掲げたことで、一部のサードパーティーがサービスを終了せざるを得なくなくなるなどの事態が生じている。Ng氏は、Twitterの施策については「APIプロバイダーとしてはかなり極端なケースと思う。多くのAPI提供者にとって、マーケットプレースは新たな収益源になり、新興企業にとってもロングテールでユーザーを獲得していけるプラットフォームになるはずだ」と話し、マーケット提供者の立場から双方を円滑につなぐ役割に注力していくと述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]