多種多様なSaaSの“世界”を可視化--スマートキャンプが報告書

ZDNET Japan Staff

2018-08-22 11:19

 法人向けIT情報サービスなどを手掛けるスマートキャンプは8月21日、国内SaaS市場の動向をまとめた最新版報告書「SaaS 業界レポート 2018」を無償公開した。

 同報告書は、スマートキャンプが運営するクラウドサービス比較サイト「BOXIL」の情報や各種クラウド市場レポートなどを独自に分析したもの。ユーザーのSaaS選定やSaaSビジネスを検討するベンダーなどの支援を目的にしているという。

 同社によれば、7月末現在で比較サイトに登録されているSaaSは4000種類以上になるといい、ユーザー側ではIT初期投資の抑制、迅速な導入、運用負荷の低減、運用コストの最適化といったメリットが引き続き評価され、提供サービスの拡大が続く。

SaaS カオスマップ
SaaS カオスマップ

 報告書の中では、ユーザーの業務領域とシステム用途からSaaSベンダーやサービスを分類した「Horizontal SaaS カオスマップ」も提供する。ダウンロードと閲覧には会員登録が必要となる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]