編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

「Apache Struts 2」にリモートコード実行を可能にする脆弱性--パッチの適用を

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-08-23 11:40

 Apache Software Foundationは米国時間8月22日、「Apache Struts 2」の全バージョンに影響を及ぼす、重要なセキュリティ脆弱性に対処するパッチを公開した。

 この脆弱性は、サイバーセキュリティ企業Semmleの研究者らが発見した。Strutsフレームワークのコアにおける、信頼できないユーザーデータの検証が不十分なために発生する。

 この脆弱性(CVE-2018-11776)はStrutsのコアで発見されたため、この脆弱性を悪用できる攻撃ベクトルは複数あるという。

 具体的には、alwaysSelectFullNamespaceフラグがStruts設定で「true」に設定されており、さらにユーザーのStruts設定ファイルなどでオプションのnamespace属性が指定されていないタグが含まれていたり、ワイルドカードnamespaceを指定していたりすると、脆弱性の影響を受ける。

 脆弱性を最初に報告した、Semmleのセキュリティ研究チームのMan Yue Mo氏は、次のように述べている。「この脆弱性は、Strutsで一般的に使用され、露出されている可能性が高いエンドポイントに影響するため、悪意のあるハッカーの攻撃ベクトルになり得る。さらに脆弱性は、StrutsのOGNLに関連しているが、ハッカーらはOGNLに精通しており、過去に悪用されたことがある」

 この人気の高いオープンソースフレームワークを利用している企業は、直ちにビルドをアップデートする必要がある。「Struts 2.3」のユーザーは「Struts 2.3.35」に、「Struts 2.5」のユーザーは「Struts 2.5.17」にアップグレードすべきだ。

 Apacheによると、これらの最新リリースは脆弱性に対する修正だけを施したバージョンとなるため、後方互換性に関する問題はないはずだという。

 Mo氏はこの脆弱性について4月に発表した。Apache Strutsのチームは、今回の正式パッチのリリースに先立ち、6月に修正コードを公開している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]