調査

ガートナー、人とマシンの境界を曖昧にする5つの先進技術を発表

ZDNet Japan Staff

2018-08-23 12:19

 ガートナー ジャパンは8月22日、「先進テクノロジのハイプサイクル:2018年」を発表した。これによると、同ハイプサイクルで取り上げた注目すべき35の先進テクノロジは、人とマシンの境界を曖昧にする5つの先進テクノロジトレンドを形成する。企業は近い将来、生き残りをかけて「遍在性(ユビキタス)」「常時利用性」「ビジネスエコシステムとのつながり」に対応することになるが、その上で、人工知能(AI)などの先進テクノロジは極めて重要な役割を果たす。

 同社によると、ハイプサイクルのうち最も歴史の古い「先進テクノロジのハイプサイクル」は、ビジネス戦略担当者や最高イノベーション責任者、研究開発リーダー、起業家、グローバル市場の開発担当者、先進テクノロジチームなどが先進テクノロジのポートフォリオを策定する際に考慮すべきテクノロジとトレンドを、業種横断的な視点から解説するもの。

 また、「先進テクノロジのハイプサイクル」は数あるハイプサイクルの中でも独特だとしている。2018年版では2000を超えるテクノロジを分析した上で知見を抽出し、35の先進テクノロジと5つのトレンドを挙げている。同ハイプサイクルでは、今後5~10年にわたり、高度な競争優位性をもたらす可能性が高い一連のテクノロジにとりわけ注目している。

先進テクノロジのハイプサイクル:2018年(出典:ガートナー)
先進テクノロジのハイプサイクル:2018年(出典:ガートナー)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]