伊藤忠商事、統合データ基盤を構築--データ分析の専門組織も立ち上げ

NO BUDGET

2018-08-28 14:15

 伊藤忠商事は8月27日、テクノロジを活用した経営の生産性向上を支える「次世代全社統合データ基盤(Data Lake)」を構築したと発表した。

 この基盤は、2001年度から稼働していた基幹システムの全面刷新の一環に位置付けられる。会計データに加えて、営業取引に関わる全てのデータを統合し、将来予測などを通じて付加価値の高いニーズに対応したレポート、ビジネスデータを提供していく。また、データ分析と活用支援を専門に行う組織「BICC(Business Intelligence Competency Center)」も同時に立ち上げ、現場部署による柔軟なデータ活用を支援していく。

 同基盤では、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の基幹系特化型IaaS「CUVICmc2」を採用している。これにより、製品バージョンアップに対応するための定周期のシステムアップデートの仕組みや、テスト工程でのツールを用いた検証作業の軽減も実現した。

 今後は、実使用量に応じた従量課金制により、稼働後の運用も含めてコスト削減を図っていく。また、統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「SAP S/4HANA」を採用し、データベースのインメモリ技術によりデータ処理のスピード向上を目指す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]