編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Dell EMCがエンタープライズ製品に「クラウドサイロ化」回避のための機能強化

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-08-28 11:36

 Dell EMCは米国時間8月27日、「VMworld」の開催に合わせて、同社のクラウド向けプラットフォーム、インフラ、サービスに機能を追加すると発表した。追加されたさまざまな機能は、企業がマルチクラウド戦略からメリットを受ける妨げになる「クラウドサイロ化」を回避することを目的としたものだ。

 Dell EMCのシニアバイスプレジデントSam Grocott氏は、声明の中で「アプリケーションや従来型のワークロードがさまざまなクラウドに移行されるにつれて、クラウドサイロが蔓延し、データアナリティクスや萌芽期にあるAIの取り組みのような、差別化の源泉となる取り組みを最大限に活用することが難しくなる」と述べている。

 同社はまず、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)ソリューションの「VxRail」と「VxRack SDDC」にソフトウェア定義データセンターやマルチクラウドへの移行を容易にする機能強化を行ったと発表した。例えばVxRail向けの「VMware Validated Design」では、災害復旧機能を持つ分散マルチアベイラビリティゾーンアーキテクチャと、マルチサイトデプロイメントに対応した。

 ストレージとデータモビリティの分野では、データの長期保管向け製品「Data Domain Cloud Tier」に、クラウドに書き込むオブジェクトのサイズを大きくし、トランザクションのオーバーヘッドを削減するアップデートが提供される。また同社は、ストレージプラットフォームの「Virtustream Storage Cloud」と「Dell EMC Elastic Cloud Storage」を緊密に統合することで、データストレージの使用率を改善したという。

 データの保護に関しては、「Data Domain Cloud DR」で、AWS上でのアプリケーション整合性を確保したクラウド災害復旧機能や、「VMware Cloud on AWS」へのリカバリ機能が強化された。パブリッククラウド上のワークロードのバックアップとリカバリの機能を提供する製品「Cloud Snapshot Manager」でも、「Microsoft Azure」向けの保護機能サポートされている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]