編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
海外コメンタリー

"戦略的な変化を起こせたか"--レノボCIOが語る、グローバル企業の変革促すIT実現の鍵(後編)

Michael Krigsman (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-09-04 06:30

 「"戦略的な変化を起こせたか"--レノボCIOが語る、グローバル企業の変革促すIT実現の鍵(前編) 」に続き、後編をお届けする。

--レノボのIT部門を、いわゆる「デジタル時代のIT部門」に移行するための取り組みはありましたか?

 「移行」というよりも、IT部門の役割を拡大したという表現を使いたいですね。移行と言ってしまうと、従来のIT部門の仕事を置き去りにするように感じられてしまいます。私はITチームに、従来の仕事をするスタッフも、新しい仕事をするスタッフも含めて、全員が積極的に参加する体制を作ろうとしました。これは重要なことです。例えばデジタル時代のCIOが、自分をデジタルCIOだと呼んでみたところで、事業部門からの信頼が得られるわけではないからです。「デジタルCIOはいいが、うちのプライベートクラウドはクラッシュしてるし、SLAで定められているより長い時間ダウンしているんだ」と言われてしまうのでは困るわけです。

 私の考えでは、IT部門にとって、以前から長い間維持してきた運用モデルの歴史があって、それが成功していたという基礎は極めて重要です。それ自体には、何も悪いことはありません。ですから私は、チームに対して「それは素晴らしいことだ。これまでの業務の遂行や運用に関わるルールは、これからも失わないようにしよう。だけどわれわれは、可能性を広げていく必要がある。それ以外にもすべきことがある」と働きかけました。

--「二段変速IT」の考え方に似ているようですね。

 できるだけ言葉にはとらわれないようにしています。レノボの社内では、これを「二段変速」と呼ぶことは知っていましたし、実際わが社では、バイモーダルITも二段変速ITも試してみました。ところがそのとき、スタッフは「自分はどうなる?これからずっと、つまらない低速の業務だけをやることになるのか?」などと感じてしまいました。

 わが社には合っていなかったのです。バイモーダルITや、二段変速ITでうまく行っている会社があるのは知っています。しかしわが社の文化では、スタッフに「自分は低速の仕事も高速の仕事もやれる」と感じさせることが重要でした。わが社では、全員参加で取り組むことが必要だったのです。それは「多段変速」とでも言うべきもので、適切なペースを適宜見つけるというものでした。ちなみにわが社のやり方では、ビジネスのための適切なペースを模索するために、いつでも柔軟にテクノロジを選択して導入できるため、ロックインされることはありません。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]