編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

AMD、7nmプロセスのCPU/GPU製造をGLOBALFOUNDRIESからTSMCに変更へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-08-30 10:27

 AMDは米国時間8月27日、7ナノメートルプロセスで製造される同社の全プロセッサを、長年のパートナーであるGLOBALFOUNDRIESではなくTSMCで製造していくと発表した。これは、GLOBALFOUNDRIESによる7ナノメートルプロセスでのプロセッサ製造を中止するという決定を受けての対応だ。

 AMDの7ナノメートル製品には「Zen 2」CPUコアと「Navi」GPUアーキテクチャが含まれている。これらの製品は、データセンター向けの各種ワークロードでIntelやNVIDIAと競合していくという同社の戦略において重要な意味を持っている。

 AMDによると、2018年中にローンチ予定である7ナノメートルGPUと、2019年にローンチ予定である7ナノメートルサーバ用CPU(いずれもTSMCの7ナノメートル製造プロセスを採用した同社初の製品)はテープアウトしているという。

 AMDは7ナノメートルプロセスの製品をTSMCに集中させ、12ナノメートルプロセスおよび14ナノメートルプロセス製品の製造をGLOBALFOUNDRIESに委託することになる。GLOBALFOUNDRIESは現世代の「AMD Ryzen」と「AMD Radeon」「AMD EPYC」を引き続き製造する。これらのプロセッサはいずれも高い評価を得てきている。

 GLOBALFOUNDRIESは、7ナノメートルプロセスのプログラムを無期限に停止すると述べたうえで、成長著しい市場に向けた14/12ナノメートルプロセスのプラットフォームの製造に注力していくと発表していた。

 さらにAMDは同日、クライアントコンピュートグループのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーとしてSaeid Moshkelani氏を指名したと発表した。また、前任者のJim Anderson氏は退社し、Lattice Semiconductorの最高経営責任者(CEO)となる。Moshkelani氏は2012年にAMDのセミカスタムビジネス部門のゼネラルマネージャーに就任後、製品およびプラットフォームのエンジニアリングを率いていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]