編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
企業決算

セールスフォースの第2四半期、27%増収で予想上回る

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-08-30 12:36

 Salesforceは米国時間8月29日、予想を上回る堅調な2019会計年度第2四半期決算(7月31日締め)を発表した。非GAAPベースの1株あたり利益は71セント、売上高は前年同期比27%増の32億8000万ドルだった。

 アナリストらは、1株あたり利益を47セント、売上高を32億3000万ドルと予想していた。

 先ごろSalesforceの共同最高経営責任者(CEO)に就任したKeith Block氏は、次のように述べている。「第2四半期は売上高が27%増加して33億ドル近くに達し、クラウドや産業分野、地域などで全体的にすばらしい業績をあげた。この堅調な四半期により、2022会計年度に売上高230億ドルを達成するという次の節目に向けて順調に進んでいる」

 Salesforceの第2四半期の純利益は2億9900万ドル(1株あたり39セント)だった。サブスクリプションおよびサポートの売上高は前年比28%増の30億6000万ドル、プロフェッショナルサービスとその他の売上高は前年比14%増の2億2100万ドルだった。

 サブスクリプションの売上高をセグメント別に見ると、「Sales Cloud」が10億ドル、「Service Cloud」が9億ドル、「Marketing Cloud」および「Commerce Cloud」が5億ドル、Salesforceプラットフォームとその他が7億ドルだった。

 今後の見通しについて、アナリストは、第3四半期の利益を1株あたり54セント、売上高を33億5000万ドルと予想している。Salesforceは、売上高を33億5000万〜33億6000万ドル、利益を1株あたり49〜50セントと予想している。

 通年では、利益が1株あたり2.50〜2.52ドル、売上高が131億2000万〜131億7000万ドルになる見通しとしている。

Salesforce

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]