編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
調査

ブロックチェーン市場は年率73.2%で拡大--サプライチェーン導入が鍵に

ZDNet Japan Staff

2018-09-05 17:34

 IDC Japanは9月5日、世界と日本のブロックチェーン関連市場の展望を発表した。2017~2022年に年間平均成長率(CAGR)73.2%で拡大し、2022年に117億ドルに達すると予測。2018年の支出額は15億ドルを見込み、2017年の約2倍になるとしている。

 主要地域別では、米国が最大のブロックチェーン投資地域になるとし、支出額は予測期間を通じて全世界の支出額の36%以上を占めると見ている。西欧、中国、アジア太平洋地域(日本と中国を除く)がこれに続くという。CAGRでは、9つの地域の中で日本の108.7%とカナダの86.7%が非常に高いとしている。

ブロックチェーン市場 支出額予測 (主要地域別)、2017年~2022年、出典:IDC Japan
ブロックチェーン市場 支出額予測 (主要地域別)、2017年~2022年、出典:IDC Japan

 産業分野/セクター別の支出額は、2018年に5億5200万ドルとなる金融セクターが主導するとし、銀行での急速な採用が促進要因になる。同3億7900万ドルの流通/サービスセクターでは小売と専門サービスの手堅い投資を見込む。同3億3400万ドルの製造/資源セクターでは、組立製造やプロセス製造における投資が牽引役になると見ている。

 ユースケースでは、金融セクターの場合、クロスボーダー決済や貿易金融/ポストトレード決済、コンプライアンス対応、カストディ(有価証券の管理など)/資産管理など多くのものに適用される。流通/サービスや製造/資源セクターでは資産/商品管理、来歴管理などが有力なユースケースになるという。支出規模は、クロスボーダー決済が1億9300万ドルで最大となり、この他には来歴管理が1億6000万ドル、貿易金融/ポストトレード決済が1億4800万ドルに上ると予測する。

 日本のブロックチェーン関連市場は、市場規模が2018年の49億円から2022年には545億円へ急成長すると見ている。同社コミュニケーションズ リサーチマネージャーの小野陽子氏は、「海外に比べてブロックチェーンの必要性に対する意識の高まりはやや遅く、2018年の支出額は世界の2.9%に留まるが、サプライチェーンへの導入をはじめグローバルな取り組みの拡大などを受けて、国内投資も急速に増加するだろう」との見解を示している。

国内ブロックチェーン市場 支出額予測、2017年~2022年、出典:IDC Japan
国内ブロックチェーン市場 支出額予測、2017年~2022年、出典:IDC Japan

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]