編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

バックエンドインフラの刷新進めるeBay、独自サーバ構築

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-09-10 13:48

 eBayが自社でカスタム設計のサーバを構築していることを明らかにした。同社は、バックエンドインフラのプラットフォームを刷新する3カ年の取り組みを進めており、その一環となる。eBayはまた、2018年第4四半期にこのサーバ設計の仕様をオープンソースにする計画だ。

 eBayが2年前に開始したインフラのプラットフォーム刷新の取り組みでは、自社のハードウェアとAIエンジンの設計、データセンターのクラスタの分散化、エッジコンピューティングアーキテクチャへの移行、オープンソース技術関連の新たな革新の活用などが含まれている。

 eBayは1億7500万人のアクティブユーザーを抱えるほか、11億件以上の商品が出品されており、データフットプリントは500ペタバイトを超える。プラットフォームインフラの刷新により、新しい技術を活用できるようになり、効率性、柔軟性、拡張性の改善につながると説明している。

 同社は、プロトタイプの構築とカスタムハードウェアの実装に9カ月を要したという。

 eBayのプラッットフォームエンジニアリング担当バイスプレジデントであるMazen Rawashdeh氏は、「技術スタックの各レイヤを体系的に調べ、既存のソリューションを改善するための効率性や機能、機会について検討した」とブログに記している

 「企業がこのようなプラットフォーム刷新の取り組みを進める際には、大抵の場合、予算を増やす必要があり、数年がかりの取り組みになることに注意しなければならない。しかしeBayは追加的な費用なしでアグレッシブな時間軸で刷新を進められており、実際に節約分を事業に再投資している」(Rawashdeh氏)

 eBayは2018年、技術関連の発表を複数行なっている。8月には、購入者の体験改善によりマーケットプレイスの成長を促す目的で、複数のAPIのアップデートをリリースした。同社はここ数年、成長計画の一環として開発者コミュニティにフォーカスしており、2018年前半には、外部の開発者がeBayの「Sell API」を利用して、世界で総流通総額(GMV)を96億ドル以上押し上げ、21億件以上の新規出品が生み出されたとしている。

ebay

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]