編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

インテル、深層学習ツールキット「OpenVINO」の提供を開始

國谷武史 (編集部)

2018-09-11 14:41

 インテルは9月11日、IoT(モノのインターネット)に関する事業戦略説明会を開き、動画像データからディープラーニング(深層学習)解析による推論を容易に得られるようにするためのツールキット「OpenVINO(Open Visual Inference & Neural network Optimization)」の無償提供を開始したと発表した。

OpenVINOの概要
OpenVINOの概要

 OpenVINOは、エッジなどの分散型コンピューティング環境において開発者が各種の人工知能(AI)技術のフレームワークを活用しながら、AIモデルの構築や学習などが行える。IntelのCPUやFPGA(Field Programmable Gate Array)、視覚処理ユニットの「Movidius」などとも組み合わせることができ、汎用的なハードウェアプラットフォームを推論処理のためのアクセラレータに利用できる点が特徴だとしている。

米Intel IoT事業本部副社長兼ビジョン・マーケット・チャネル事業本部長のJonathan Ballon氏
米Intel IoT事業本部副社長兼ビジョン・マーケット・チャネル事業本部長のJonathan Ballon氏

 記者会見した米Intel IoT事業本部副社長兼ビジョン・マーケット・チャネル事業本部長のJonathan Ballon氏は、ネットワーク接続されたカメラやセンサからのデータを深層学習技術で解析することにより得られる洞察が、製造や防犯、小売、物流などあらゆる業界で活用されると述べ、同市場が2025年までに350億ドル規模以上になるとの見通しを述べた。

 この分野では、汎用的なGPGPUなどのハードウェアを用いられるが、今回の施策はハードウェアを含む同社のアプローチを広げる一環となる。Ballon氏は、Inelがエンドポイントからエッジ、データセンターに至るまでの広範なポートフォリオを持つと強調し、「現在のAIの活用はクラウドが主戦場だが、分散型コンピューティングアーキテクチャによって今後はオンプレミスにも拡大する。こうしたシーンでIntelは、1ワット当たり、あるいは1ドル当たりといった指標の観点からも優れたコンピューティングリソースを提供できる」とコメントした。

 OpenVINOは、既に一部のユーザー企業が導入効果を検証しており、例えば、GEヘルスケアでは画像医療診断で生産性を6倍に向上させたという。同社では、ユーザー企業およびハードウェアベンダー各社とのアライアンスを拡充させ、OpenVINOの普及を加速させたい考え。Ballon氏は、今後OpenVINOをオープンソース化させる方針や新たなハードウェア対応なども予定していると紹介した。

AI分野におけるインテルのポートフォリオ

AI分野におけるインテルのポートフォリオ

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]