インテル、深層学習ツールキット「OpenVINO」の提供を開始 - 3/3

國谷武史 (編集部)

2018-09-11 14:41

 インテルは9月11日、IoT(モノのインターネット)に関する事業戦略説明会を開き、動画像データからディープラーニング(深層学習)解析による推論を容易に得られるようにするためのツールキット「OpenVINO(Open Visual Inference & Neural network Optimization)」の無償提供を開始したと発表した。

OpenVINOの概要
OpenVINOの概要

 OpenVINOは、エッジなどの分散型コンピューティング環境において開発者が各種の人工知能(AI)技術のフレームワークを活用しながら、AIモデルの構築や学習などが行える。IntelのCPUやFPGA(Field Programmable Gate Array)、視覚処理ユニットの「Movidius」などとも組み合わせることができ、汎用的なハードウェアプラットフォームを推論処理のためのアクセラレータに利用できる点が特徴だとしている。

米Intel IoT事業本部副社長兼ビジョン・マーケット・チャネル事業本部長のJonathan Ballon氏
米Intel IoT事業本部副社長兼ビジョン・マーケット・チャネル事業本部長のJonathan Ballon氏

 記者会見した米Intel IoT事業本部副社長兼ビジョン・マーケット・チャネル事業本部長のJonathan Ballon氏は、ネットワーク接続されたカメラやセンサからのデータを深層学習技術で解析することにより得られる洞察が、製造や防犯、小売、物流などあらゆる業界で活用されると述べ、同市場が2025年までに350億ドル規模以上になるとの見通しを述べた。

 この分野では、汎用的なGPGPUなどのハードウェアを用いられるが、今回の施策はハードウェアを含む同社のアプローチを広げる一環となる。Ballon氏は、Inelがエンドポイントからエッジ、データセンターに至るまでの広範なポートフォリオを持つと強調し、「現在のAIの活用はクラウドが主戦場だが、分散型コンピューティングアーキテクチャによって今後はオンプレミスにも拡大する。こうしたシーンでIntelは、1ワット当たり、あるいは1ドル当たりといった指標の観点からも優れたコンピューティングリソースを提供できる」とコメントした。

 OpenVINOは、既に一部のユーザー企業が導入効果を検証しており、例えば、GEヘルスケアでは画像医療診断で生産性を6倍に向上させたという。同社では、ユーザー企業およびハードウェアベンダー各社とのアライアンスを拡充させ、OpenVINOの普及を加速させたい考え。Ballon氏は、今後OpenVINOをオープンソース化させる方針や新たなハードウェア対応なども予定していると紹介した。

OpenVINOとインテルのハードウェアの組み合わせによるパフォーマンス比較の結果

OpenVINOとインテルのハードウェアの組み合わせによるパフォーマンス比較の結果

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]