編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

問題は生産性--世界の企業が無駄にする開発者のリソースは年間3000億ドル

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-09-12 13:34

 世界中の企業が無駄にする開発者のリソースは、年間で合計3000億ドル(約33兆円)にも及ぶという。オンライン決済プラットフォームのStripeが開発者とCレベルの幹部を相手に行った調査から明らかになった。

 使う言語や地域にもよるが開発者のニーズは高く、年収は10万ドル(約1100万円)以上に及ぶこともある。だがStripeが米国、英国、フランス、ドイツ、シンガポールの1000人以上の開発者、1000人以上のCレベル幹部に行った調査から、平均して開発者の労働時間の半分がデバッグやコードの修正などに費やされていることがわかった。

 開発者の平均労働時間は週当たり41時間で、品質の良くないコードやデバッグ、リファクタリング、コード修正に費やす時間は17.3時間とのことだ。

 レポートでは、世界に1800万人の開発者がおり、1人がGDPに貢献する金額は年5万1000ドル(約570万円)なので、世界規模では合計9180億ドル(約102兆円)の貢献があるとし、開発者の時間の31%が無駄になっているという今回の調査結果から、このネガティブなインパクトが世界のGDPに年3000億ドル(約33兆円)程度の影響を与えている、と試算している。

 逆に、もし開発者が作業時間をより効率よく使えれば、世界のGDPは10年で3兆ドル(約330兆円)増加できるとStripeは述べている。

 開発者の不足は大きな問題ではなく、企業が既存のソフトウェア開発の才能を効率よく使えることが重要だ、というのがStripeの主張だ。

 開発者が生産性の最大の障害と報告しているのは、レガシーシステムのメンテナンス、リーダーによるプロジェクトの優先順位付け、カスタム技術の構築だ。開発者はまた、作業負荷の大きさや、優先順位の変更についても、やる気にネガティブな影響を与えるとしている。

 一方で、Cレベルの幹部は、技術企業が自分たちのビジネスに対する主要な競合上の脅威となっていると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]