編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

2019年にはSaaSの売上高が850億ドルに--ガートナー予測

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-09-13 12:36

 Gartnerは米国時間9月12日、クラウドに関する最新の予測を発表し、2019年にクラウド市場は17.3%成長するとの見通しを示した。最も成長が速いセグメントは、クラウドシステムインフラサービス、すなわち「サービスとしてのインフラ」(Infrastructure as a Service:IaaS)で、2019年には27.6%成長すると予測されている。

 Gartnerの予測では、2022年までに、パブリッククラウドによるIaaSを購入する企業の90%が、IaaSと「サービスとしてのプラットフォーム」(Platform as a Service:PaaS)の両方を扱うプロバイダーを購入先とし、そのプロバイダーが提供するIaaSとPaaSを利用するという。「サービスとしてのビジネスプロセス」(Business Process as a Service:BPaaS)カテゴリーについては、2019年に売上高が7.9%増の503億ドルになると予測している。

 世界全体では、クラウドの売上高が2021年には総計2780億ドルになるとGartnerは見ている。

クラウドの売上高が2021年までに総計2780億ドルに

 一方、クラウド市場で最大のセグメントは依然としてクラウドアプリケーションサービス、すなわち「サービスとしてのソフトウェア」(Software as a Service:SaaS)であり、2019年には売上高が17.8%増加し、851億ドルに達すると予想されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]