編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

英航空大手の情報流出関与のハッカー、米ネットショップNeweggの顧客カード情報盗難か

Carrie Mihalcik Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-09-20 11:10

 ハッキンググループMagecartによる新たな攻撃で、オンラインショップNeweggの顧客のクレジット情報が流出したという。セキュリティ企業RiskIQが伝えた。

 RiskIQが米国時間9月19日に明らかにしたところによると、Magecartは悪意のあるコードをNeweggの決済システムに潜り込ませ、クレジットカード情報を盗んだ恐れがあるという。

 今回のインシデントについて、RiskIQがサイバーセキュリティ企業Volexityとともに調査した結果、このコードは8月14~9月18日までNeweggのサイト上で実行されていた可能性があることが判明した。RiskIQによると、この攻撃はデスクトップユーザーとモバイルユーザーの双方に影響を与えたという。なお、被害に遭った顧客の数は明らかにされていない。

 Magecartによる攻撃の被害者となったのはNeweggが初めてではない。RiskIQによると、British AirwaysやTicketmasterに対する最近の攻撃も同グループの仕業だという。

 British Airwaysは9月、データ漏えいと顧客情報盗難について調査を進めていることを明らかにした。およそ38万件のカードトランザクションに影響が及んだとされている。

 一方、Ticketmasterのデータ漏えいは6月に発生しており、個人情報とクレジットカード情報が盗まれた恐れがあるという。

情報流出
提供:Ian Knighton/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]