編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

リクルートグループ内に広がるテレプレゼンス--出張費削減でも意思疎通が活発

ZDNet Japan Staff

2018-09-23 08:00

 リクルートグループは、グループ内にテレプレゼンスシステムを導入。活用が広がっているという。4月11日に開催された「Cisco Collaboration Summit 2018」では、グループ全体の社内インフラを担うリクルートテクノロジーズのITソリューション本部 インフラソリューション本部 社内インフラ6グループの矢崎慎一郎氏が登壇。導入の経緯や効果を解説した。

 リクナビやゼクシィ、ホットペッパーなど、さまざまな種類の情報を提供するリクルートグループ。就職や結婚などの“ライフイベント領域”と、旅行やグルメなど“ライフスタイル領域”に特化して、迷ったときの意思決定を支える情報サービスの提供を目指しているという。

(本記事は、TechRepublic Japanで2018年6月18日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます。)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]