編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
今さら聞けないネットワーク回線の基礎

第2回:情報を伝えるためには何が必要なのか

飯田哲也 (アルテリア・ネットワークス)

2018-10-02 07:00

線をつなぐために必要なもの

 前回述べた通り、誰もが必要なネットワークサービスを適切に利用できるようになるために、まずはネットワークを一つずつひも解くところから始めてみよう。そもそもネットワークの最小単位は入出力端末とメインフレームをつないでいたようにコンピュータとコンピュータをつなぐ線である。

画像5

 でも、これだと2台しかつなげない。そこで普通は間にスイッチを入れて以下の図のようにする。

画像6

 スイッチは大きなものから小さなものまでいろいろとあるが、基本的にはつながるコンピュータの台数は決まっている。そのため、たくさんのコンピュータをつなげたいときは次のように横に並べて接続する(※これをカスケード接続と言う)。

画像7

 このスイッチでつながるネットワークは一般的にLANと呼ばれる。LANとはLocal Area Networkの略だ。ネットワークにつながれたコンピュータ同士が会話するには同じルール(プロトコル)で話をしないとならない。図のように有線でつながれた場合、一般的に使用されるのはEthernetという規格で決められたプロトコルだ。

見えない線をつなぐために必要なもの

 しかし有線でコンピュータをつないでしまうとコンピュータはその場所から動けなくなる。ノートPCであれば会議にも持っていきたいだろうし、別の席にいる同僚に画面を見せたいこともあるだろう。そんなときに便利なのが無線のネットワークだ。無線ネットワークは各コンピュータが電波でアクセスポイント(AP)と呼ばれる通信機器につながれている。

画像8

 無線で通信するときは通常、Wi-Fiと呼ばれる規格で決められたプロトコルを使う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]