編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
Dreamforce

セールスフォースとアップル、「iOS」向けCRMアプリの開発で提携

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-09-26 10:12

 SalesforceとAppleは米国時間9月24日、「iOS」デバイス向けに独自機能を搭載したSalesforceのCRMアプリの提供に向けて提携したと発表した

Salesforce Mobile App
「Salesforce Mobile App」は2019年の初めに利用可能になる予定だ。

 今回の提携により、Salesforceは同社のアプリを再設計し、AppleのiOS上でネイティブなかたちで実行できるようにしたうえで、iOSの独自機能を追加することになる。また同社は「Salesforce Mobile SDK for iOS」を提供し、Appleのプログラミング言語Swift向けに最適化するとともに、Salesforceのウェブ学習プラットフォーム「Trailhead」上で開発者向けコースを提供する計画だ。

 Salesforce Mobile SDK for iOSは2018年中に利用可能になり、「Salesforce Mobile App」は2019年の初めに利用可能になる予定だ。なお、「Trailhead Mobile App」はその後2019年中にローンチされる予定となっている。

 Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏と、Salesforceの共同CEOであるMarc Benioff氏によると、iOSに搭載された新機能と、SalesforceのCRM向けのネイティブツールの充実により、より優れた顧客エクスペリエンスがもたらされるという。

 両社によると、今回の提携は当面、iOS向けのSalesforceアプリに力を入れたものとなり、「Siriショートカット」や「Face ID」との統合とともに、「Business Chat」が提供されるという。Salesforceの「Lightning Platform」も「Salesforce Mobile SDK」と統合されるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]