編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「FragmentSmack」脆弱性、80を超えるシスコ製品に影響

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-09-27 13:51

 Cisco Systemsは、Linuxカーネルを利用している同社製品の多くに、危険なDoS攻撃を引き起こすおそれのある脆弱性が影響することを認めた。

 「FragmentSmack」と呼ばれるこの脆弱性は、LinuxカーネルのIPネットワーキングスタックに影響することが8月に明らかとなり。数多くのLinuxディストリビューションが次々とパッチを提供し、Akamai、Amazon、Juniper Networksなども修正を施した。

 この脆弱性により、フラグメント化されたIPv4およびIPv6パケットを利用した、処理を低速化させる攻撃で、CPUが飽和状態に陥り、影響を受けたデバイスにDoS状態を引き起こす恐れがある。

 Red Hatが指摘しているように、攻撃者はFragmentSmackを悪用し、カーネルの計算に時間がかかるリアセンブルアルゴリズムをトリガーする、フラグメント化されたIPパケットを送って、CPUの稼働率を引き上げることができる。

 Ciscoは、FragmentSmackに対する脆弱性が確認されたLinuxカーネルのバージョン3.9以降を採用している製品を中心に脆弱性の調査を行ってきた。

 Ciscoは、この1カ月の間に当初のアドバイザリを更新し、脆弱性が認められた製品と脆弱性がない製品について、詳細を明らかにしている。

 Linuxベースの製品だけが影響を受けるわけではない。MicrosoftもFragmentSmackがWindowsに影響することを明らかにし、パッチを提供していた。

 Ciscoは現在、「Nexus」シリーズのスイッチや「Cisco IOS XE」、「Unified Computing」および「Unified Communications」のブランドの製品群、複数の「TelePresence」製品、少数の無線アクセスポイントなど、80を超える製品がこの脆弱性の影響を受けるとしている。

 Ciscoは、アクセスコントロールリスト(ACL)やその他のレート制限対策を利用して、影響を受けるインターフェースに送られてくるフラグメント化されたパケットのフローを制御するなど、利用できる回避策がいくつかあるかもしれないと述べている。外部ファイアウォールなどデバイス外での緩和策も、下流にあるデバイスへの影響を最小化してくれるかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]