編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

企業間プライベート接続はインターネットの10倍に--東京はアジア地域で最大

NO BUDGET

2018-09-27 13:19

 エクイニクスは、年次市場調査「グローバル・インターコネクション・インデックス」の結果を発表した。

 これによると、グローバルでのインターコネクションの帯域は、2021年には8200Tbps超に増加すると予測している。これは年間32ゼタバイトのデータ交換に相当し、その量は同時期に予測されるインターネットトラフィックの10倍になるという。

 この予測は、前回調査の結果に基づく予測を大幅に上回っているという。今後5年間のインターコネクションの年平均成長率予測は48%で、インターネットトラフィックの年平均成長率予測である26%の約2倍になる。

 アジア太平洋地域では、インターコネクション帯域が2021年までに年平均51%ペースで成長し、2200Tbps超に達すると予測されている。これは米国や欧州をしのぐ成長スピードであり、中でも東京でアジア太平洋地域最大のインターコネクショントラフィックが発生するという。

 東京では、2017年から2021年にかけて82Tbpsだった帯域が、2021年には445Tbpsと5倍以上に増加すると予測され、また、トラフィックの年平均成長率は、今回の調査結果では53%になると予測されている。この数字は世界の年平均成長率を上回り、前回調査で予測された45%を上回る。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]