編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

AWS、「Amazon EC2」に高メモリインスタンスを追加--インメモリDBに最適化

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2018-10-01 08:52

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間9月27日、「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)に新たな高メモリインスタンス「High Memory」を追加したと発表した。このインスタンスは「SAP HANA」のような大規模インメモリデータベースの稼働を念頭に置いている。また、そのメモリ容量は現時点で6テラバイトと9テラバイト、12テラバイトが用意されており、2019年には18テラバイトと24テラバイトも追加されるという。

 これらのHigh Memoryインスタンスによって、顧客は同一の「Amazon Virtual Private Cloud」(Amazon VPC)内でインメモリデータベースと、自社が使用するその他のエンタープライズアプリケーションを稼働できるようになる。つまり、自社のインメモリデータベースをスケールアップし、ストレージやネットワーク、アナリティクス、IoT、機械学習(ML)といったサービスに容易に接続できるようになる。

 大企業におけるリアルタイムデータの処理が増えるにつれ、インメモリデータベースの配備はより一般的になってきている。AWSは今回の発表で、「UNIQLO」のブランドで知られているファーストリテイリングが、4テラバイトのメモリを搭載したAmazon EC2の「X1e」インスタンス上でHANAを稼働させていることに言及している。ファーストリテイリングは、目覚ましい速度で成長する事業をサポートするため、6テラバイトのメモリを搭載した新しいHigh Memoryインスタンスへの移行を計画しているという。

 ファーストリテイリングの最高情報責任者(CIO)法華津誠氏はAWSのプレスリリースで「この業界は動きが速いため、リアルタイムでのデータやアナリティクスが必要不可欠だ。それをサポートするために、われわれはSAP HANAを活用している」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]