ウェブの父バーナーズ・リー氏、「データを企業から個人の手に取り戻す」新計画

Steven J. Vaughan-Nichols (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ) 編集部 2018年10月01日 13時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットは日常生活に欠かせない存在になっている。Tim Berners-Lee氏がウェブを考案し、皆がウェブを利用して情報を共有するのを容易にしたからだ。それから28年が過ぎ、個人情報の大部分が、Amazon.com、Facebook、Googleといった大手企業に支配されている。Berners-Lee氏は、個人のデータを個人の手に戻したいと考えている。

 Berners-Lee氏は、新しいオープンソースプロジェクト「Solid」によってそれを実現しようとしている。人々は、個人情報が大手企業に保持されることに嫌気がさしている。AppleFacebookGoogleなどでわずか数週間のうちに、プライバシー関連のスキャンダルやセキュリティホールが次々と発覚しており、個人情報の保護に関してそうした企業を信用できなくなっているのは明白だ。

 自らの情報を保護するためにできることはたくさんあるが、そうした手段には、信用できない第三者の手元にデータを保存するという基本的な問題が残されている。

 Berners-Lee氏は次のように書いた。

 私はウェブが皆のためにあるといつも信じてきた。だからこそ、私と他の人々はウェブを守るために激しく闘っている。われわれがもたらした変化によって、世界は良くなり、つながりも増えた。だが、良いことを達成したにもかかわらず、ウェブは不平等と分裂の原動力に進化してしまった。自らの計画のためにウェブを利用する強大な勢力によって、進む方向を変えられたのだ。

 今日、われわれは重要な転機に達していて、より良い方向への力強い変化が可能であり、またそれが必要だと、私は信じている。

 Solidの目的は、「ユーザーが知覚価値と引き換えに、個人データを大手デジタル企業に渡さなければならない現行モデル」を変えることだ。「われわれがみな気づいているように、これはわれわれの最善の利益となっていない。Solidは、バランスを取り戻すためにウェブを進化させる仕組みであり、われわれひとりひとりが、個人情報もそうでないものも、データを革新的な方法で完全に管理できるようにするものだ」(Berners-Lee氏)

 Solidは急進的な新しいプログラムというわけではない。「Solidはモジュール仕様のセットであり、WWW(HTTP、REST、HTML)の基礎技術を発展させ拡張するものだ。これらの仕様は既存のウェブと100%後方互換性がある。各仕様が個別に使われる場合は、既存のシステムに機能を追加する。一方で、仕様が併用される場合は、ウェブサイトやアプリケーションに斬新な能力を実現する」(Solidのウェブサイト)

 Solidの仕様がもたらす大きなメリットは、ウェブが協業的な読み書きの空間になり、インターネットサービス事業者からユーザーに管理能力が移ることだ。Solidの導入によりユーザーは、個人データやウェブに投稿するあらゆるものについて、書き込み、読み込み、アクセス管理を行えるようになる。プライバシーは、ウェブACL(アクセス制御リスト)仕様を用いて管理される。

 ウェブACLは分散型システムであり、ユーザーやグループが、HTTPのURIによって認証されるリソースにアクセスすることを可能にする。ユーザーはWebIDによって、ユーザーグループはユーザー群のURIによって、それぞれ識別される。この仕組みにより、いずれかのサイトにホストされているユーザーであれば、他のサイトにホストされているグループのメンバーになれる。

 「Solidは、『データによって個人に権限を付与する』原則に従う。われわれは、この原則が次世代ウェブの成功に必須であり、データがわれわれひとりひとりに権限を与えるべきだと確信している」「Solidがあれば、個人がデータを取り扱う範囲が大幅に広がる。どのアプリがデータにアクセスできるかを、自分で決定するようになる」(Berners-Lee氏)

 現在、Solidはフレームワークだ。Solidは今後、「革新的で信頼された、有益なアプリケーションやサービスを構想し、構築し、見いだすまったく新しい手段で、個人や開発者、企業に力を与える」ものになるとBerners-Lee氏は考えている。

 Resilient Systemsでかつて最高経営責任者(CEO)だったJohn Bruce氏が、Solidを運営する企業InruptのCEOを務める。Bruce氏はブログにこう書いた。「Solidは、オープンソースプロジェクトによくある試練に直面してきた。それは、注目を集めようと競い合いながら、真の可能性を実現するのに必要な資源が不足するというものだ。解決策は、会社を設立して、Solidが約束するものを実現するためのリソース、プロセス、適切なスキルを確保することだった」「Inruptが目指すのは、Solidがウェブを織りなす一部になることだ」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]