編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
日本株展望

27年ぶり高値の日経平均、数年以内に3万円到達か

ZDNet Japan Staff

2018-10-02 10:52

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 日経平均は27年ぶりの高値
  2. 上がり続ける米国株はバブルか?
  3. 米国経済は強すぎ?
  4. 27年ぶり高値の日経平均、長期上昇トレンド入りか

 これら4点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

日経平均は27年ぶりの高値

 10月1日の日経平均株価は、前週末比125円高の2万4125円だった。終値ベースで1月23日の高値2万4129円を超え、27年ぶりの高値を付けた。

日経平均月次推移:1989年12月末~2018年10月(1日まで)

日経平均月次推移:1989年12月末~2018年10月(1日まで)
出所:楽天証券経済研究所

 今回は日経平均の長期的な見通しについて説明する。株式市場には短期的にリスク材料がたくさんあり、日経平均はこれからも急落・急騰を繰り返すと考えられる。ただし、乱高下しつつも長期的には上昇トレンドが続き、日経平均は数年以内に3万円に達すると予想している。

 月々1万円でも日経平均インデックスファンドへの積み立てを続けていくことが、長期的な資産形成に寄与すると考えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]