アフラック、「IBM Cloud Private」を導入--プライベートクラウド環境の構築

NO BUDGET

2018-10-03 09:16

 アフラック生命保険は9月27日、プライベートクラウド環境の構築で日本IBMと提携したと発表した。新たな商品やサービスの開発環境を構築し、ITインフラの運用を自動化することで約30%の開発期間の短縮を図る。

 コンテナ技術「Kubernetes」を用いたアプリケーションの開発・実行基盤である「IBM Cloud Private」を利用する。マルチクラウド管理ツール「IBM Cloud Automation Manager(CAM)」で、複数のクラウド環境に対するサーバ環境の構築を自動化する。ネットワーク環境は、Software-Defined Network(SDN)で迅速かつ柔軟な管理を実現する。

 アフラックでは、プライベートクラウド環境と現行のメインフレーム環境を、マルチクラウド環境とも融合させ、情報システムの効率化と各種対応への迅速化を推進していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]