編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

企業システムを変えるAI--「システム・オブ・インサイト」を目指すワークデイ

末岡洋子

2018-10-05 06:00

 人事管理のクラウドサービスを展開するWorkdayは10月1日から4日間、米国ラスベガスでプライベートイベント「Workday Rising 2018」を開催している。2日目に開かれた同イベントのメインとなる基調講演では、拡張分析の「People Analytics」をはじめアナリティクス、機械学習や人工知能(AI)の最新機能が多数発表された。また、PaaSの「Workday Cloud Platform」を2019年に一般提供する予定だ。

「システム・オブ・インテリジェンス」でAI主導のエンタープライズに

シニアバイスプレジデント兼コーポレートストラテジー担当マネージングディレクターのLeighanne Levensaler氏。投資部門Workday Venturesの共同トップも務める
シニアバイスプレジデント兼コーポレートストラテジー担当マネージングディレクターのLeighanne Levensaler氏。投資部門Workday Venturesの共同トップも務める

 講演では、シニアバイスプレジデント兼コーポレートストラテジー担当マネージングディレクターLeighanne Levensaler氏が、全体の方向性について説明、キーワードとして挙げたのが「システム・オブ・インサイト」だ。

 Workdayは、2005年に人事と財務という「システム・オブ・レコード(SOR)」の領域で事業をスタート、その後さまざまなアプリケーションに拡大して「システム・オブ・エンゲージメント(SOE)」に広げた。現在の同社が目指すのは、「システム・オブ・インサイト(System of Insights)」だ。「職場全体をサポートするアプリケーションを備え、アナリティクスとトランザクションを1つのシステムにした。これに機械学習アーキテクチャを組み合わせる」とLevensaler氏は説明する。

システム・オブ・レコードからシステム・オブ・エンゲージメント、その次はシステム・オブ・インサイトを目指す
システム・オブ・レコードからシステム・オブ・エンゲージメント、その次はシステム・オブ・インサイトを目指す

 機械学習では、2014年に「Workday Insight Applications」を発表している。その後、ビッグデータ分析技術の「Platfora」をはじめとした買収を含め技術を拡充し、2017年に「Prism Analytics」を発表した。

 機械学習への取り組みを通じて「さまざまな学びがあった」とLevensaler氏。「機械学習は新しい技術というだけでなく、開発の方法も全く異なる」として、適切かつ適量のデータが必要であることなどを挙げた。機械学習のトレンドを受け入れるため、Workdayはデータサイエンティスト、ビジネスに通じた人材の起用など、雇用も変えたという。「われわれ自身もトランスフォーメーション(変革)している」とLevensaler氏はいう。

 Workdayにとって、機械学習は「予測マシン」だ。企業にある大量のデータから学び、企業にない情報を生成してくれる。だが、見たことがないものは予測できない。人を置き換えるAIではなく、より良い意思決定につながるAIだ。

 「人間は予測が得意とは言えない。溢れる情報の中で、さらに難しくなっている。一方で、機械は大規模なデータを迅速に処理して正確な予測を出す」とLevensaler氏。精度の高い予測を受けて人間が判断し、より良い意思決定が導き出されるという。

 Workdayでは人事、財務、プランニングなど全てに予測を組み込んでいく計画だ。Levensaler氏は、「エンタープライズシステムが新しい時代に入る」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]