編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本社会のデジタル基盤を目指す--シスコ新社長が事業方針

國谷武史 (編集部)

2018-10-04 18:15

シスコシステムズ 代表執行役員社長のDave West氏
シスコシステムズ 代表執行役員社長のDave West氏

 シスコシステムズは10月4日、2019事業年度の事業戦略説明会を開催した。7月に代表執行役員社長に就任したDave West氏は、日本企業や社会のデジタル変革を支えるセキュアなプラットフォームを目指すとの事業方針を表明した。

 West氏は、Cisco Systemsに18年以上在籍し、ネットワーク事業のワールドワイドグローバルセールス バイスプレジデントや、アジア太平洋・日本/中国地域担当最高技術責任者兼アーキテクチャリーダーなどを歴任。前社長の鈴木みゆき氏のアジア太平洋・日本/中国地域担当への昇格に伴って7月に就任し、「ゆかりのある日本市場に、会社を預かる立場で戻れたことをうれしく思う」と述べた。

 まず、West氏は2018事業年度の実績を振り返り、製造業分野でパートナー企業と累計10の共同IoTソリューションを提供したことや、京都および東京・日本橋地区でのスマートシティ実証事業の展開などの成果を挙げたと報告。また、ハードウェア製造からソフトウェア・サービス企業への転換、中小企業市場での販売拡大、スポーツおよびエンタテインメント市場へのITソリューションの提供にも手ごたえを得ているとした。

 同氏は、いずれの結果も前社長の鈴木みゆき氏の功績だとした上で、2019事業年度の事業方針では、これらの取り組みを継承しつつ、第5世代移動体通信システム(5G)などの新たなテクノロジの台頭を見据えたデジタル変革のためのプラットフォーム展開を掲げる。ここでは、同社のセキュリティソリューションによる安全性が中核になるとした。

 事業戦略の細部は、ほぼ現行の取り組みを踏襲する形となるが、同氏はパートナー企業とのエコシステムの拡大、セキュリティ分野などにおける若手人材の育成支援などを通じ、同社の持続的な成長を目指すとしている。

2019事業年度における主要な取り組み
2019事業年度における主要な取り組み

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]