編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
日本株展望

外国人の先物売買に翻弄される日経平均、米長期金利上昇で再び売り越し

ZDNet Japan Staff

2018-10-09 11:09

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 米長期金利上昇とNYダウ下落を嫌気、日経平均は再び2万4000円割れ
  2. NYダウも同様:貿易戦争の不安低下で買われたが米金利上昇を嫌気して下落
  3. 貿易戦争の不安はやや低下したものの米金利上昇の不安は継続
  4. 9月の雇用統計は強いと解釈される
  5. 外国人の先物売買で乱高下する日経平均:先々週は売り越し
  6. これから始まる9月中間決算に注目

 これら6点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

米長期金利上昇とNYダウ下落を嫌気、日経平均は再び2万4000円割れ

 先週の日経平均株価は1週間で336円下落して2万3783円となった。10月2日には一時2万4448円を付け、2万4000円から上放れたように見えた。しかしその後、米長期金利上昇を嫌気してNYダウが下落すると日経平均も売られ、再び2万4000円を割れた。

日経平均週足:2017年10月2日~2018年10月5日

日経平均週足:2017年10月2日~2018年10月5日

 2018年の日経平均は2つの不安に振り回されて乱高下している。貿易戦争がエスカレートして世界景気が悪化する不安と米金利上昇で世界の金融市場が悪影響を受ける不安である。

 2つの不安から2、3月に日経平均は急落した。その後、2つの不安が緩和するに従って日経平均は値を戻してきた。

 先週前半は「Trump米大統領が仕掛ける貿易戦争は日本にとってそんなに悪い結末とならない」という見方が広がったこと、9月の米利上げを世界の金融市場が無難にこなしたと受け止められたことから、日経平均は一時2万4448円まで上昇した。ところがその後、米金利上昇の不安が復活したために再び2万4000円割れとなった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]