編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

インフォア、AI基盤「Coleman」を一般提供--人材管理/RPA活用を支援

鈴木恭子

2018-10-10 07:00

 製造業を中心に業界特化型のクラウド型ERP(統合基幹業務システム)アプリケーションを提供するInforは、米国ワシントンD.C.において年次カンファレンス「Inforum 2018」を開催した(9月24~27日)。4000人超の顧客とパートナー企業が参加した同カンファレンスで同社は、人工知能(AI)プラットフォームである「Coleman」の一般提供開始を発表した。

ERPアプリを音声で操作

 Inforは、産業ごとに特化した「マイクロバーティカル ERP」を提供する、世界第3位のERPベンダーである。同社のクラウド環境で展開するアプリケーション群「Infor CloudSuite」は、自動車/中小規模企業製造/小売り/食品/ヘルスケア/公共事業など、21の業界向けERPがある。

Infor CloudSuiteアプリケーション群
Infor CloudSuiteアプリケーション群

 Colemanは、こうした各アプリケーションのバックグラウンドで稼働するAIプラットフォームだ。各アプリケーションに蓄積された各業界特有の知見を学習し、業務の効率化や各業界に最適な施策を提示する。

 具体的には、在庫管理や輸送ルートの計算、予防保全などのプロセス改善の支援などだ。2017年7月の「Inforum 2017」で発表されたColemanは、Inforの製品戦略の中核を担う機能と位置付けられており、CloudSuiteの基盤となる「Infor Operating Service(Infor OS)」の1機能として提供される。

Inforの製品戦略。AI(Caleman)を活用した新たな価値の創出を核としている
Inforの製品戦略。AI(Caleman)を活用した新たな価値の創出を核としている

 今回、一般提供を開始したのは、conversational(会話型)UI(ユーザーインターフェース)をサポートする「Infor Coleman Digital Assistant」だ。

 現在、Infor CloudSuiteはサービス基盤にAmazon Web Services(AWS)を採用しており、Coleman Digital AssistantのUIは、Amazon.comの音声認識アシスタント「Alexa」が担う。利用者は、Alexa搭載デバイスと直接会話することで、自然言語処理によるアプリケーションとのやり取りが可能になる。つまり、音声入力でERPアプリケーションが操作できるようになるというわけだ。同社によると、今後はAlexaデバイスの管理やユーザー登録、デバイス間通信のセキュリティ強化などの機能をツールとして提供していく予定だという。

ちなみに「Alexa!」ではなく、「Coleman!」と呼び掛ける仕様になっているようだ
ちなみに「Alexa!」ではなく、「Coleman!」と呼び掛ける仕様になっているようだ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]