編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
調査

2018年上半期に発生したデータ漏えい件数は約45億件--ジェムアルト

Asha McLean (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 編集部

2018-10-10 12:34

 2018年上半期、合計で45億5317万2708件のデータが漏えいしたという。これは、前年同期から133%の増加だとGemaltoは報告している。

 Gemaltoが公開した最新の「Breach Level Index(情報漏えい危険度指数)」によると、データ記録が漏えいする主な要因には、不慮の損失があるという。組織が自社のクラウドベースの資産の保護に対して、適切な行動をとっていないとしている。

 Breach Level Indexによると、2018年上半期に945件のセキュリティインシデントがあったという。これは、前年同期の1162件に比べると18.7%少ない。このうち559件は北米で308件はオーストラリアで起こった。3番目に件数が多いのは英国で22件となっている。

 業種別に見ると、256件が医療、134件が金融、86件が教育、68件がプロフェッショナルサービス、そして61件が政府だ。残りは小売、技術、産業、ホスピタリティなどの業種に分散している。

 Gemaltoによると、2018年前半最大の脅威は悪意のある部外者による攻撃だ。外部の攻撃者により公開されたデータは1294%増加し、約36億件に影響した。一方で、不慮の損失により露出した数は47%減となり8億8000万件を下回った。

 ハクティビズムによるインシデントは23件で、前年同期比で1050%増となった。さらに、漏えいした記録数は7万件から1300万件以上に増加した。

 悪意のある部内者による漏えいは前年同期から60%減少し、1200万件をわずかに上回る程度だった。悪意のある部内者が関与したインシデントの数も45%減少し、61件となった。

 情報漏えいの最も一般的な種類は個人情報の盗難で、漏えいした総記録数の約87.2%を占めた。さらに金融情報へのアクセス、アカウントへのアクセスが続き、それぞれ約3億5900万件、約2億2000万件の記録が漏えいした。

 業界別では、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディア関連のデータ漏えいが最も多く、次に政府が続いている。

Gemalto Breach Level Index

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]