編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IT運用自動化のための新ソリューションを共同開発--レッドハットとHPE

渡邉利和

2018-10-11 10:15

 レッドハットと日本ヒューレット・パッカード(HPE)は10月10日、IT運用自動化ソリューション「あんしん Ansibleパック」を共同開発し、日本市場で提供すると発表した。同日付でHPEによる販売を開始している。

「あんしん Ansible パック」の概要
「あんしん Ansible パック」の概要

 あんしん Ansible パックは、レッドハットが提供する「Red Hat Ansible Tower」を、HPEのハードウェアと組み合わせて提供するもの。用意されるハードウェアは、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)基盤製品である「HPE SimpliVity」およびHPEの“コンポーザブル・インフラストラクチャ”製品「HPE Synergy」の2種類で、用途や規模に応じて選択できる。両社はグローバルで協力関係にあるが、今回のソリューションは日本で先行して開発、提供するといい、日本の取り組みが世界をリードする形になっている。

日本ヒューレット・パッカード 執行役員 ハイブリッドIT事業統括の五十嵐毅氏
日本ヒューレット・パッカード 執行役員 ハイブリッドIT事業統括の五十嵐毅氏

 HPE 執行役員 ハイブリッドIT事業統括の五十嵐毅氏は、市場の大きなトレンドとして、データセンターとエッジをクラウドでつなぐの「ハイブリッドIT」の実現を目指す方向にあるものの、その実現が簡単ではないと指摘。同社がクラウドインテグレーターとして、ハイブリッドIT実現のためにユーザー企業を支援していくと同時に、「いかに簡単に実装できるようにするか」という点にも注力していると語った。将来的なITエンジニアの不足も懸念される中、ITインフラ管理の自動化が重要な鍵となるとの認識だ。

 また、レッドハット プロダクト・ソリューション本部 シニアソリューションセールスマネージャーの池田俊彦氏は、同社が商用製品として提供するAnsible Towerについて、特に国内では前年比2倍のペースで成長しているとした。その一方、「具体的な始め方が分かりにくい」という問題点を挙げ、今回のソリューションが、ユーザーが自動化の実現に取り組む入口となるとの期待を語った。

レッドハット プロダクト・ソリューション本部 シニアソリューションセールスマネージャーの池田俊彦氏
レッドハット プロダクト・ソリューション本部 シニアソリューションセールスマネージャーの池田俊彦氏

 Ansibleを使ったIT運用の自動化は、これまで主にOSよりも上のレイヤを対象とした取り組みが中心であり、この手法自体がまだ「知る人ぞ知る」という段階にあるため、個々の担当者の技術力に依存する属人的な要素が強かったという。今回発表されたあんしんAnsibleパックでは、HPEのハードウェアの機能を活用することで、OSよりも下層のハードウェア運用管理までを対象にできることに加え、誰でも“あんしんして”取り組むことができるよう間口を広げていきたいとしている。

 具体的には、単なるバンドル製品の販売にとどまらず、Red Hat Ansible Towerを事前セットアップ済みで提供したり、両社による充実したトレーニングとワークショップの実施、HPEの掲げる“Infrastructure as Code”を実現する「サンプルPlaybookの提供――の3点を合わせて提供するパッケージというのが特徴となる。キャンペーンでの提供価格(税別)は、「あんしん Ansible パック for HPE Synergy」が676万5000円から、「同 for HPE SimpliVity」が653万3000円からとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]