「性的詐欺」メールが急増--仮想通貨で支払いを要求

ZDNET Japan Staff

2018-10-11 13:06

 情報処理推進機構(IPA)は、アダルトサイトの閲覧を周囲に暴露すると脅して仮想通貨の支払いを要求する攻撃メールへの注意を呼び掛けた。IPAには、これに関する相談が7~8月に計30件寄せられたが、9月は263件に急増した。

 類似の攻撃は過去にも度々あり、アダルト画像が見られるなどと称してリンクをクリックさせ、金銭などを要求する「ワンクリック詐欺」が問題になった。今回は、性的な映像や画像をばらまく、あるいはそうした行為を周囲に暴くと脅す「セクストーション」と呼ばれる攻撃の一種という。

 IPAによれば、攻撃メールは英語や日本語によるさまざまな文面で不特定多数に送信されていると見られる。9月以降は英文を機械翻訳したかのような不自然な日本語メールも目立つといい、主に下記の特徴があると解説している。

  • 自分のパスワードが記載されている場合がある
  • 「アダルトサイトを閲覧している姿を撮影し、連絡先情報を収集した」と脅す
  • 仮想通貨を要求する
  • 送信元が自分のアドレスになっている場合がある

 IPAは、一連の攻撃が迷惑メールの一種に過ぎないとし、メールを受信しても無視し、仮想通貨を支払うべきではないと解説する。

英文による脅迫メールの一例と特徴(出典:IPA)

英文による脅迫メールの一例と特徴(出典:IPA)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]