中国情報部員の起訴を受けてサイバー攻撃が増加する懸念--米セキュリティ専門家らが警戒

Catalin Cimpanu (ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-10-12 16:47

 情報セキュリティ産業の専門家は、中国の情報機関員が逮捕されたことで、今後数カ月間、中国のハッキング集団からのサイバー攻撃が増加する可能性があると指摘している。

 こうした警告が発せられたのは、米司法省が中国の防諜・外国諜報を担当する機関である国家安全部の高官Yanjun Xu氏の身柄引き渡しと逮捕・起訴を発表した、米国時間10月10日のことだ。

 Xu氏の逮捕容疑はハッキングではなく、米国の航空宇宙関連企業の専門家数人を中国へ招聘し、経済スパイ行為と企業秘密の窃取を行おうとしたというものだ。

 しかし、米国のサイバーセキュリティ企業Record Futureや謎の多い匿名組織Intrusion Truthのレポートによれば、国家安全部は中国のサイバー諜報活動を監督する政府機関だという。

 米国のサイバーインテリジェンス企業CrowdStrikeの共同創業者であり最高技術責任者(CTO)を務めるDmitri Alperovitch氏は同日、「現在、国家安全部は、中国政府が関わるサイバー攻撃の大半に関与している中心的な政府機関であり、同機関が高度な経済スパイ能力を持っていることを示す侵入事例が複数観測されている」と述べている。

 Alperovitch氏は、今回の逮捕が中国のハッカーからの報復を引き起こす可能性があると懸念しており、Facebookの最高セキュリティ責任者(CSO)Alex Stamos氏やその他の専門家も同様の意見を表明している。

 米国企業は長年にわたって中国政府の後援を受けたハッカーからセキュリティ侵害を受けており、そこで盗まれた独自技術が、不思議にも中国企業の手に渡っている。

 米国と中国は、2015年の秋にオバマ米大統領と習近平中国国家主席が首脳会談を行った際、知的財産を狙ったあらゆるサイバー攻撃を止めることで合意し、協定に署名している。

 2016年6月にFireEyeが発表したレポートには、この協定が結ばれたあと、中国による知的財産を狙ったサイバー攻撃は大きく縮小し、同国がすべての大規模攻撃を停止したと見られると記述されている。

 しかし、トランプ政権になって両国の外交関係が悪化し、貿易戦争が徐々に進行するにつれて、この協定は非公式に破棄されたようだ。

 トランプ政権は2018年3月に、中国がオバマ元大統領と習近平国家主席の間で結ばれた合意に違反していると非難した。米財務省はその際、協定締結後に実施された中国によるサイバー攻撃を詳細に説明した、215ページの調査報告書を発表している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]