編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「iOS 12」で確認しておきたいセキュリティとプライバシー設定15選 - 6/16

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-10-20 08:30

ロック中にアクセスを許可する機能を管理

 デバイスがロックされているとき、どのくらいの機能を使用できるようにするかを設定しよう。iOS 12では、以下の機能を制御できる。

- 「今日の表示」
- 「通知センター」
- 「コントロールセンター」
- 「Siri」
- 「メッセージで返信」
- 「ホームコントロール」
- 「Wallet」
- 「不在着信にかけ直す」
- 「USBアクセサリ」

 要は、機能を制限すればすれほど、使っているデバイスと中にある情報の安全性が高まるということだ。

 「設定」>「Touch ID とパスコード」と進む。Face IDを利用できるiPhoneでは、「設定」>「Face IDとパスコード」と進む。次に現在のパスコードを入力すれば設定できる。

ロック中にアクセスを許可する機能を管理

 デバイスがロックされているとき、どのくらいの機能を使用できるようにするかを設定しよう。iOS 12では、以下の機能を制御できる。

- 「今日の表示」
- 「通知センター」
- 「コントロールセンター」
- 「Siri」
- 「メッセージで返信」
- 「ホームコントロール」
- 「Wallet」
- 「不在着信にかけ直す」
- 「USBアクセサリ」

 要は、機能を制限すればすれほど、使っているデバイスと中にある情報の安全性が高まるということだ。

 「設定」>「Touch ID とパスコード」と進む。Face IDを利用できるiPhoneでは、「設定」>「Face IDとパスコード」と進む。次に現在のパスコードを入力すれば設定できる。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]