編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
今さら聞けないネットワーク回線の基礎

第3回:ネットワークの内側と外側--WANは誰が作るのか?

飯田哲也 (アルテリア・ネットワークス)

2018-10-25 07:00

WANは誰が作るの?

 今回はWAN(Wide Area Network)について詳しく述べる。WANはLANとLANをつなぐネットワークである。つなぐといっても、誰がどうやってつなぐというのだろうか。例えば、東京と大阪にオフィスがあったとしよう。この場合、その会社が自分で東京から大阪までネットワークケーブルを引くのだろうか。

図1

 これはなかなか難しいものがある。そこで登場するのが通信キャリア(電気通信事業者)と呼ばれる存在だ。通信キャリアはそれぞれの会社で引くことのできないWAN回線を代わりに引いてくれる便利な存在だ。主な通信キャリアとしては以下のような会社が挙げられる。

  • NTTコミュニケーションズ
  • KDDI
  • ソフトバンク
  • アルテリア・ネットワークス

 それでは通信キャリアはどのようにしてWAN回線を引くのだろうか?

WANを作るネットワークケーブル

 LANのことを思い出してほしい。LANでコンピュータとコンピュータをつないでいるものはネットワークケーブル、あるいは電波だった。では、通信キャリアもネットワークケーブルや電波で各拠点をつなぐのだろうか。答えはネットワークケーブルでつなぐのが一般的だが、LANで使われるツイストペアケーブルではなく通常は光ファイバと呼ばれるケーブルを使用する。これはツイストペアケーブルよりも光ファイバの方が、伝送距離が長く伝送速度も速いためだ。

図2

 光ファイバは光を伝送するケーブルである。それに対してLANで使われているツイストペアケーブルは電気信号を伝送するケーブルだ。コンピュータから発信されたデータは電気信号としてツイストペアケーブルを通り、途中で光に変換・伝送され、最後にまた電気信号に戻される。

図3

 通信キャリアはこの光ファイバを各拠点に引き、拠点間の通信を成立させる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]