アトラシアンがプロジェクト管理ソフト「Jira」を刷新

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-10-19 12:38

 Atlassianは米国時間10月18日、主力製品であるプロジェクト追跡や管理のためのソフトウェア「Jira」を刷新したと発表した。

 Jiraは、簡素なバグトトラッキングソフトとして2002年にリリースされたが、今や同社2位の「Confluence」と合わせると、売上高の3分の2を占めるまでに成長した。顧客は、急成長を遂げる新興企業や多くのFortune 500企業など5万社を超えるという。

 Jira Software Teamsの製品担当責任者であるMegan Cook氏は、Jiraは成功を収めているが、同製品の発表以来、ソフトウェア開発の方法は大きく変わったと、米ZDNetに述べた。開発チームは小規模で、素早く柔軟な対応が可能になっており、ソフトウェアを1年に1〜2回ではなく、1日に数回提供している。また、業務チームとソフトウェア開発チーム間で、目標の整合性を図る動きが強まった。新しいJiraは、こうした業界の変化に配慮したという。

 刷新されたJiraには、開発チームがタイムライン上で作業状況を確認し、俯瞰的に全体像を評価できるロードマップという新機能がある。これにより、「Powerpoint」や「Excel」などで、ステータスアップデートを作成する必要がなくなる。ユーザーはプロジェクトに遅れが生じた場合など、容易にタイムラインを更新できる。

 ロードマップを使えば、チームは各自の作業を追跡し、プロジェクトマネジャーは進捗状況を把握できるほか、マーケティングチームや幹部など、社内のほかの部門ともタイムラインを共有できる。

 またAtlassianは、開発者がより自由にワークフローを管理できるようにした。例えば、チームがテンプレートなどから脱却し、開発者がJiraの管理者に依存することなく、必要に応じて機能のオン/オフを行えるようにした。Brereton氏は、「管理者の役割は以前に増して重要になっているため、無駄な作業から解放して、本来の業務に専念できるようにしたかった」と説明する。

 新しくなったJiraのボードにより、ユーザーによるワークフロー管理の自由度も高まった。カードを簡単に移動したり、コラムを作成したりして、プロジェクトのワークフローエンジンを更新できる。これまでは、こうした変更を行うには、複雑な設定が必要だった。

 さらに他社製ツールとの統合を支援するために、CI/CDステータス向けの「Bitbucket Pipelines」および「Jenkins」、UXとデザイン向けの「InVision」、Adobe製品、「Sketch」、そしてコラボレーション向けの「Slack」「Gmail」「Facebook for Work」などとの統合機能を強化した。

 また「Jira Cloud」は、より大規模な企業での導入を想定し、ユーザー数の上限を5000人に増やした。

Jira

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]