編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
企業決算

クラウドが好調のSAP、通期見通しを引き上げ--3Q決算

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-10-19 13:42

 独SAPは現地時間10月18日、2018会計年度第3四半期決算(9月30日締め)を発表した。好調な内容となり、同社は通期見通しを引き上げた。

 国際財務報告基準(IFRS)に基づく総売上高は前年同期比8%増の60億2000万ユーロ、非IFRSベースでの為替変動を考慮しない場合には前年同期比10%増の60億3100万ユーロとなった。

 また1株あたり利益は、IFRSに基づけば前年同期比1%減の0.82ユーロとなった一方、非IFRSベースでは前年同期比13%増の1.14ユーロとなり、アナリストらの予想を上回った。

 新規クラウド受注は、前年同期比36%増(IFRSベースでは37%増)となった。クラウドサブスクリプションとサポートの売上高は、IFRSベースで前年同期比39%増の13億ユーロで、非IFRSの固定通貨換算ベースでは41%増だった。

 クラウドとソフトウェアの売上高は、IFRSベースで前年同期比7%増の50億1000万ユーロ、非IFRSの固定通貨換算ベースでは10%増だった。

 「予測可能な売上」(クラウドサブスクリプション、サポート売上高、ソフトウェアサポート売上高の合計)は、総売上高の68%を占め、前年同期比で3ポイント増加した。

 ソフトウェアライセンスの売上高は、IFRSベースで前年同期比9%減の9億3700万ユーロ、非IFRSの固定通貨換算ベースでは8%減だった。

 SAPは、「日本を含むアジア太平洋と大中華圏では、ソフトウェアの売り上げが堅調であり、米州とEMEA(欧州/中東/アフリカ)の一部では、クラウドとハイブリッドモデルへの移行が予想以上のスピードで進んでいる」と述べた。

 こうした傾向から収益化を図る中、新たなクラウドとソフトウェアのライセンスの受注は、固定通貨換算ベースで前年同期比12%増となった。

 営業利益は、IFRSベースで前年同期比11%減の12億4000万ユーロとなり、非IFRSの固定通貨換算ベースでは11%増加した。

 同社は通期の見通しを引き上げ、総売上高が7.5~8.5%増加すると予想している。

 最高経営責任者(CEO)のBill McDermott氏は、「当社の成長の推進力となるものは、非常に好調な動きを見せている。特に『インテリジェントエンタープライズ』の基盤となる『SAP C/4HANA』と『SAP S/4HANA』だ」と述べ、確信を持って通期見通しを引き上げるとした。

SAP Q3

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]